« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

2006年12月

2006年12月31日 (日)

行ってきます

結斗へ。

お母さん,行ってきます。

2006年は結斗に会えてとても嬉しかった。
でも,すぐお別れして寂しかった。

でも,結斗のおかげで幸せでした。

行ってきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月30日 (土)

2007年に向けて

2007年に向けて。

明日,八戸からダンナの実家に行きます。
そしてこれを機に,年明けから仙台の自宅でもとの生活に戻ってみようと思います。

昼間の一人の時間,とても怖いし,チビちゃんとの思い出のつまった自宅に戻るのは正直しんどいのですが,結斗が早くお兄ちゃんになるためにも,自分の為にも,ダンナのためにも戻ることにしました。

頑張ってみてやっぱり駄目だったら,また実家に戻ってこようかなと。

というわけで,明日,八戸を出発します。

両親とミニと離れるの寂しいな。

そして,結斗。寂しいけど,寂しくない!!!

自分に言い聞かせて,頑張ろう。

2007年,また頑張ります。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年12月29日 (金)

納骨~またお母さんを選んでね~

今日,無事に結斗を見送りました。

たくさんのお供え物と,お花。斜め向かいのお墓にはかわいいワンちゃんも眠っています。
結斗の産まれた八戸。
大丈夫。お腹の中に還ってくるまでのお別れだよ。
またお母さんのお腹を選んでね。
寂しくないよ。
10ヶ月,幸せでした。
結斗のおかげで,毎日を頑張って生きようと思いました。
そして生きるすばらしさ,辛さも学んでいます。

結婚したら,誰もが妊娠して,赤ちゃんて普通に産まれてくるものだと思ってた。
でも,好きな人と結ばれることも,赤ちゃんができることも,そして,地上に産まれることも全てが奇跡なんだね。
教えてくれてありがとう。
私は,前に進むよ。
今日も泣いてばかりだったけど,結斗とお父さんと両おじいちゃんおばあちゃんのおかげで私の体は助かりました。
結斗の分も生きるから,またお母さんを選んで還って来てね。

約束だよ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年12月28日 (木)

病院に行ってきました②

今日,病院へ行ってきました。

先週の血液検査の結果が出ました。
血栓についてはやはり保留とのこと。これ以上検査しても結果は変わらないので,次回の妊娠時は小児アスピリンを服用する予定。
血液凝固については正常値とのことで問題なし。自己抗体もみつからないとのこと。

できる検査はすべてやったので,不安は全くないわけではありませんが,これで終わりにしたいと思います。
次回の妊娠時で病院に行くときの紹介状と,自宅保管用の検査結果の書類もいただきました。
胎盤の静脈が少し狭くなっていたけど,それは小児アスピリン服用で対応できるとのこと。
先生を信じて,次に進もうと思います。

そりゃぁ,不安はあります。
次の妊娠,まず妊娠できるかも不安だし,妊娠生活も不安だし,38週まで育つか,38週を超えることができるか,無事に産まれてくるのか…考えたらきりがないけど,前に進みたいと思います。

明日は,納骨です。
私のお腹に戻ってくるまでのしばしのお別れ。そう思えば寂しくない。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006年12月27日 (水)

半身浴したら…

ダイエット頑張ろう~ってなわけで,今日は半身浴。
この間買った雑誌を読んで,たっぷり汗流すぞ!!

と,半身浴してたら…なんか「おしも」のほうが痒いというか痛いというか…。

痒み再び??そんなのイヤー

ということで,半身浴終了。

明日は病院です。朝一なので起きれるか心配だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

友人からのメール

今日,昼頃に友人からメールが来ました。

先日,他の友人の結婚式に一緒に出席したのですが,そのときは私のお腹が大きかったので,メールには「もう産まれた?」と書いてありました。

まだ,息子を亡くしたことを報告していなかったので,報告がてら返信しました。

そしたら今度は音沙汰なし。私のメールに対して何も返信は来ませんでした。

別に返信が欲しい訳じゃないけど,やっぱりへこむなぁ。
こっちは頑張って返信したのになぁ。

他のみんなにとっては息子が亡くなったことなんてどうでもいいことなのかな,と思うと涙が出そうになります。
周りの人との温度差が気になります。
自分だけ悲しみから抜け出せずにいる。
自分だけが自分だけが…。

せっかくさっきまでいい調子だったのに。
考えれば考えるほど落ちてしまいます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年12月26日 (火)

自分磨き

出産後,体重がなかなか元に戻らず,へこんでいます。

もし,結斗がそばにいてくれたら…気にならなかったかもしれないけど。
そんなこと言ったら結斗に悪いね。

てなわけで,結斗が早くお兄ちゃんになるためにも,そして自分磨きのためにも,ダイエット頑張ってみようと思います。

でも,私,飽きっぽいのですぐ辞めちゃうかもだけど,頑張ってみます。
応援してね。

目標はマイナス4キロ!!

日々,ダイエットのためにやったことを書いてみようと思います。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

頑張れなかった

昨日まではあんなに前向きに頑張れていたのに,今日は全然前に進めなかった。
予定していたこと,何もできなかった。
頑張れなかった。

こんなんじゃダンナのいる自宅に戻れない。
普通の生活ができない。
みんなに迷惑かけてばっかり。
早く元気にならなくちゃ。

こんなんじゃ結斗が還ってきてくれない。

もっと頑張らなくちゃ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年12月25日 (月)

結斗へ~お母さん頑張ったよ~

結斗へ。

今日はお母さんはとっても頑張りました。
何を頑張ったかって??
まあ,大したことじゃないんだけどさ,スポーツクラブに体験しに行ってきましたよ。
コアヒーリングってのと,健康太極拳ってのをやってきました。
あとは少しウオーキングしたりして。
2時間くらいだったけど,結構疲れた。
体なまってるんだなー,と実感。
少しずつだけど,もとの生活に戻れるように,お母さん頑張っているから応援してね。

そういえば,チビちゃんがお腹に来たときもちょうどスポーツクラブにせっせと通っていたっけな。また仙台で通ってみようかな。

明日も少しおでかけしてみます。応援してね。

そうそう,今日コレ↓買いました。

夢をかなえる人の不思議の手帳2007 Book 夢をかなえる人の不思議の手帳2007

著者:藤沢 優月
販売元:ディスカヴァー・トゥエンティワン
Amazon.co.jpで詳細を確認する

これから読んでみます。そして2007年,頑張るぞ!
結斗がお腹に還って来てくれるといいな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クリスマス

昨日の夜,無事に八戸に帰ってきました。

今日はクリスマス。
久しぶりの遠出で疲れているのに眠れないな。

Photo_7 そういえば,クリスマスってことで,ちょっと爪にも気合い入れてみました。ダンナもきれいって言ってくれました(自己満足)

少しでも美しくいようと思いマース。
だってきれいなママって言われたいもん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月24日 (日)

クリスマスイブ

結斗の月命日であるクリスマスイブ。さっき,実家に戻ってきました。ただいま,結斗。

昨日はね,お父さんとスパークリングワインを飲みましたよ。
とっても美味しくて,お父さんはすぐ寝てしまいましたよ。
きっと疲れが出たんだね。

お母さんは,結斗の写真を見て,思い切り泣きました。
悲しいんじゃないの。結斗が愛しくて愛しくて。
でも,泣いたらあとは結斗を想って優しい気持ちになれました。

お父さんが結斗にクリスマスプレゼントを買ってくれました。
「ころわんはおにいちゃん」
という絵本です。

Book ころわんは おにいちゃん

著者:黒井 健,間所 ひさこ
販売元:ひさかたチャイルド
Amazon.co.jpで詳細を確認する


この間,お母さんが買ったのと同じシリーズです。

クリスマスのころわん Book クリスマスのころわん

著者:黒井 健,間所 ひさこ
販売元:ひさかたチャイルド
Amazon.co.jpで詳細を確認する

結斗が早くお兄ちゃんになれるように,とお父さんが買ってくれました。
とても心の温まる絵本だね。2冊とも大事にしてね。

お母さんにはお洋服を買ってくれました。


世界で一番結斗が好きだよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Yuitoの月命日②

結斗へ。

昨日の夜,無事仙台に着きました。
涙が出たけど,お父さんがホームまで迎えに来てくれて嬉しかったよ。

お母さんとお父さんで12時48分にお祈りしました。

いつでも還って来れる様に,二人で頑張るからね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年12月23日 (土)

一人でできた③

一人でできたこと。その3。

今日もミニの散歩したぞ。途中から雨が降ってきてびっくり。八戸はやっぱり寒いな。

そしてミニはもう寝ました。

今日は夕方18時56分のはやてで仙台に行きます。
そしてダンナに会います。とっても楽しみ。たぶん一人でちゃんと行ける。

でも,泣かないとは約束できないかな。たぶんいっぱい泣くと思うけど,それは結斗を好きだという証拠なのです。だから泣いてもいいんだよーーーーーー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

しるし

昨日のMステにミスチルが出演していました。
私はミスチルのファンです。高校生のときから好きでした。
歌った曲は「しるし」

「しるし」はチビちゃんとの思い出の曲。

散歩が苦手だった私は,妊娠生活の最後の方は,本屋さんやCD屋さんにでかけてうろうろするのが日課でした。そのとき聞いていたのが「しるし」

歌詞のお気に入りの所を書いてみました。

ダーリンダーリン
いろんな顔を持つ君を知ってるよ。
何をして過ごしていたって思い出して苦しくなるんだ

カレンダーに記入したいくつもの記念日より
小刻みに鮮明に僕の記憶を埋めつくす

泣いたり笑ったり不安定な想いだけど
それが君と僕とのしるし

共に生きられない日が来たってどうせ愛してしまうと思うんだ


| | コメント (0) | トラックバック (0)

Yuitoの月命日

明日は結斗の月命日。
時間って悲しくても,辛くても,過ぎていくんだね。

そして今日,23日,1泊2日の予定で,仙台に行ってきます。

結斗と帰るはずの道を一人で帰るのはとても寂しく心細いから,結斗,見てて。

離れていても寂しくないよ。
お父さんとお母さんは結斗を愛しています。
思い出さない日は一日たりともありません。
結斗の月命日,お父さんと仲良く過ごします。
きっと結斗もそれを望んでいるはず。

あの時に戻りたいって思うけど,でも,いつかお腹に結斗が還って来てくれる方が嬉しいから,できるだけ過去を振り返らずに,進むね。そしたらきっと早く会えるね。

結斗,大好きだよ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年12月22日 (金)

赤ちゃんほしいな

赤ちゃんほしいな。って,まだ気がはえーよって。何回言うの。

でも,ほしーんだもーん。

結斗だって早く還って来たいと思っているはず!!
なので,気休めに本買って見ました。読んだら感想書くので。

これ読んで,今できることはやってみたいと思います。

赤ちゃん、ほしいな―妊娠しやすい身体をつくるためのセルフケア Book 赤ちゃん、ほしいな―妊娠しやすい身体をつくるためのセルフケア

著者:井尾 裕子
販売元:池田書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (2) | トラックバック (0)

一人でできた②

一人でできたこと。その2。

ミニの散歩に一人でいったぞ!!

久しぶりの一人での外出。緊張したけど,できました。
ミニも一緒だったからね。
少しずつ少しずつ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

一人でできた

一人でできたこと。

Photo_2 帽子が編めた!

これは,ダンナへのクリスマスプレゼント。
ま,母に教えてもらいつつなんとか完成。
あとは,糸の始末をして,ラッピングしてできあがり。

明日,一人で新幹線で仙台に行きます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

早く還って来て

いろいろ考えてたら涙が出てきて眠れなくなっちゃった。

次の妊娠。早くしたい。
早く結斗に還ってきて欲しい。

還ってきてくれるよね。絶対還ってきてね。
またお母さんのお腹を選んでね。

お母さん,ちゃんと頑張るから。

駄目だ,今日は気持ちが落ち着かない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月21日 (木)

1ヶ月健診

今日1ヶ月健診でした。

もう1ヶ月が過ぎたのか…という何とも言えない気持ちで病院に行きました。
先週も先々週も病院に行ったので,妊婦さんもたくさんいるんだろうなあと,多少は覚悟して行きました。

「大丈夫。今日は泣かないよ。」
でも…

同じ時期に入院していた方が,赤ちゃんの1ヶ月健診で来ていたんです。
産婦人科と小児科の受付は隣で,かわいい赤ちゃんを連れたお母さんがたくさんいました。
「私の結斗も…」と思ってしまい…。
私ってだめだね。弱すぎ。
でも,羨ましくて羨ましくて。
自分は自分って思っても,やっぱり羨ましい。

健診の結果,やはり赤ちゃんの死因はわかりませんでした。
でもさいたいから血栓がみつかったとのこと。でもそれが100%原因とは言えない。
それからもう一つの項目で,ひとよりも数値が低いものがあったため,今日もう一度採血して,来週結果を聞くことに。

それから,次回妊娠したときは,小児アスピリンという薬を服用することを勧められました。血栓ができにくくなる薬とのこと。

子宮の戻り具合は順調とのこと。

なんか,ショックなことが続いて疲れたな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月20日 (水)

基礎体温

気が早いけど,次の妊娠に向けて,基礎体温を測っている。今日で12日目。
体温が高温なのか中温なのかわからない状態でいたけど,今日と昨日は下がって低温ぽい。そろそろ生理が来るのかなー,と期待してみたりして。

今日は体がだるくて一日家にいる。
朝は頭痛がして…。前の日の夜に泣くと調子悪くなるなあ。思うように体が動かないし,気持ちがついてこない。
編み物しようと思っていたけど,夜やろうかな。

両親が結斗のために納骨について動いてくれている。

私もやっぱりがんばらなくちゃ。がんばらなくちゃ。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年12月19日 (火)

泣き虫な自分

昼間何もすることがなく,勉強する気分にもなれないので(もともと勉強嫌いだし),編み物のキットを買ってみました。

DVDの説明つきだし,私にもできるかなって。昼間,熱中できることがあったらいいなって。頑張ってみようって。

でも,もともと編み物なんて数えるくらいしかしたことのない私。さらに不器用ときたもんだ。

今,DVD見ながら頑張っているけど,わかんない。ぐちゃぐちゃ。
そしたら,なんか涙でてきちゃって。
「私,何もできない。取り柄ない。チビちゃんもいないし…。」

でも,もう一回DVD見てやってみます。

私って取り柄ないんだー。
チビちゃんを愛する気持ちは1番なのになあ。それは取り柄にならないかな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

Yuitoを還す③

結斗の納骨先と納骨する日が決まりました。

葬儀屋さんや,地域の習性,いろいろな方のアドバイスを聞いて,の結論です。

みんなが「すっきり100%納得」とはいかないけど,譲り合って,結斗に一番いい方法を出したと思います。

だから結斗,安心してね。
大丈夫。お母さんのお腹に還ってくるまでのお別れだからね。すぐまたお母さんとお父さんに会えるよ。

だからもう一度,お母さんとお父さんを選んでね。お願い。
それまで絶対強くなってるから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月18日 (月)

頑張りすぎた。

ちょっと最近頑張りすぎた。

もうちょっと自分を甘やかすことにした。

焦らない焦らない。

焦ってもいいことないよね。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年12月17日 (日)

お父さんの気持ち

結斗がお空に還ってから,私はダンナと両親と義両親に支えられてここまで来ています。とても感謝しています。
みんなが私を心配し,元気づけてくれています。
みんなのためにも早く元気にならなくちゃいけないと思っています。

でも,うちのダンナも,結斗のお父さんも,実は私と同じように傷つき悲しみ苦しみに耐えています。なのに,私を励まし,毎週末私のところに来て私の泣き言を聞き,平日は何食わぬ顔で仕事をしています。周りの人にいろいろ言われてきっと私より辛いでしょう。なのに今日も「○○(私のこと)は自分の体と心のことだけ考えていればいいんだよ」と。優しい言葉。誰か彼にも優しい言葉,掛けてあげてください。私が言っても「俺のことはいいから」と言います。みんな,お母さんとお父さんは同じ気持ちなんです。お母さんだけつらいんじゃないんです。

もし,ダンナが倒れちゃったらと思うと,心配でなりません。

どうしたらいいのかな。私が早く元気にならなきゃいけないんだな。

結斗,お父さんを守ってね。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

Yuitoを還す②

週末にダンナがまた私のところに来てくれました。

毎週毎週来てくれて本当に感謝しているのと同時に,ダンナの体が心配です。新幹線で1時間半とはいえ,毎週来るのはやっぱり負担だと思うし。

今週末は少し考えることが増えました。
結斗の埋葬先と,死産にいたるまでの経緯についての病院の説明についてです。
ダンナ自身が思っていること,私自身が思っていること…。
思いを伝えるのって難しいと思いました。

私は結斗の弟妹も,結斗と同じ病院で産むつもりです。
だからダンナにも病院についてすっきりしてほしいんです。

あとは,やっぱり早く結斗に戻ってきてほしいから,結斗の還る先,納得できるところに決めたいです。その方が結斗もいいと思います。

結斗が寂しくなければいいんです。
難しいなあ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年12月14日 (木)

病院へ行ってきました

今日,病院へ行ってきました。

先週の木曜も行ってきたんだけど,今日も症状があまりよくならなかったので,病院へ。
先週のときよりも妊婦さんがたくさんいて,マタニティルームからはNSTの心音が聞こえてきて,ちょっと泣きそうになったけど,がまん。結斗と約束したもん。

痒くて病院に行ったんだけど,先週の検査の結果,なんか体の中が弱ってるらしく,雑菌が入って痒いのではとのこと。先週と違う薬を入れてもらい終わり。ちょうど来週21日は1ヶ月健診なので,それまで様子をみるとのこと。

不安だな。これを書いている今も実は猛烈に痒い。
私の体,頑張れ。
早く良くなれ。
結斗が残してくれた私の体を信じる。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

今日頑張ること

今日は,午前中病院に行くことを頑張る。

午後はビデオを見つつ一人で留守番中泣かないことを頑張る。
1分でもいいから勉強してみよう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年12月13日 (水)

何もできなかったなぁ

今日は朝からだるくて何もできなかったな。

勉強しなきゃなぁ。
次のこと考えなきゃなぁ。
仕事どうすればいいのかなぁ。
ずっと家にいたら駄目だしなぁ。
どうしたらいいのかなぁ。
頑張らなきゃなぁ。

私一人だけおいていきぼりな感じ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

入院④

結斗が生まれた日は,家族3人で病室に寝ました。

嬉しくて嬉しくて眠れませんでしたが,やはり2日寝てないのでウトウトして寝ました。

ふと4時頃目が覚めました。
隣で寝ているダンナの寝顔が結斗そっくりで涙がでました。
結斗もすやすや眠っているように見えます。
もうかわいくてかわいくてずっと見ていても飽きない…。でも現実を受け入れるのが怖かった。

次の日から結斗のために,日中は結斗を預かってもらうことにしました。
ひんやりしていた方が結斗にはいいのです。だからお母さんお父さんも離れて寂しいけど頑張ることにしました。

火葬や埋葬の話,ダンナと父が進めてくれました。ありがとう。

悲しくてもお腹は空くしシャワーも入りました。
初めてシャワーに入った時,自分のお腹を見て涙が出ました。今もシャワーでは一人で涙が出ます。

個室といえども,赤ちゃんのお世話をするお母さん達との入院生活は辛かった。
ダンナがいなかったらどうなったかわからない。

25日の夜は眠れず看護師さんに筋肉注射をしてもらいました。
次の日から睡眠導入剤を飲みました。毎日両親が来て一緒にご飯を食べてくれました。母がご飯を作って来てくれました。

27日に退院診察があり,28日にダンナ,母,そして義両親も病院に来てくださり,結斗を連れて退院しました。

「次もこの病院で産みます。私のこと忘れないでください。」

看護師長さんが外まで見送ってくれました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年12月12日 (火)

Yuitoを還す

結斗の埋葬は49日あたりを予定していました。

でも,今日父から
「埋葬の時期を早めてもいいんじゃないかな?」
とのこと。もちろん赤ちゃんを土に還してあげることで赤ちゃんのためになるからということと,私たちの気持ちの切り替えを考えて,49日を待っても良いが,年内に埋葬することで新しい年にスタートを切れるから…等々含めて,父がいろいろ考えて言ってくれたと思います。
「埋葬することで赤ちゃんと離ればなれになるわけじゃないんだよ。」
と父は言ってくれました。

でも,結斗と離れたくない私は,泣くことしかできませんでした。
結斗は強いから,寂しいなんて言わないし,我慢強いから,辛いなんて言わない。
でも,お母さんはだめだよ…。

少し考えてみようと思いました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年12月11日 (月)

気分転換

気分転換にTSUTAYAでビデオとDVDを借りてきました。

母は「ダヴィンチ」「ナルニア国物語」を。私は「あすなろ白書1と2」を。懐かしい。

あと母はコブクロのシングルベスト2枚組を借りました。母はコブクロがすきみたいなので,コブクロの音楽で元気出してくれたうれしいです。

そして今,居間のソファの位置を変えて映画館ぽくして「ダヴィンチ」見てます。

そういえば私もダンナとチビちゃんと6月くらいに映画館で見たなー。と思ったらまた涙がでそう。いけないいけない。

父は内容を理解しながら見ているようですが、母が怪しいです。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

入院③

11月23日。
9時過ぎに4人部屋から個室に移動しました。
10時過ぎにダンナが新幹線で病院にかけつけてくれた。
6時半の信じられない宣告からもう3時間以上過ぎていた。
でも私の中では時間の感覚がなかった。
ダンナに昨日の夜から今日の朝までに起きたことを泣きながらしゃべったけど,何をどう話したか記憶が曖昧。ダンナは一緒に泣いていて,でも「チビちゃんは生きてるかもしれないよ。俺は信じてる。」と言ってくれた気がする。

ダンナと一緒にもう一度診察室へ。エコーで赤ちゃんを確認するが,心臓は動いていなかった。
私は先生に
「お産は頑張ります。1%でも赤ちゃんが生きているという可能性はないんですか?」
「先生,赤ちゃんは絶対助からないんですか?」
と聞いた気がする。
先生の
「私は普段”絶対”という言葉は使わないけど,今回は絶対助からない。」
という言葉で頭の中が真っ白になりました。

それでもダンナは病室で
「チビちゃんは生きてる」「頑張ろう」と言ってくれたと思います。

子宮を広げる棒のようなものを入れる処置をしてもらう。とっても痛い。

ダンナは病院に泊まってくれるとのこと。
ダンナの両親も病院に来てくれた。遠くから,こんな形で来てもらって本当に申し訳ない。

夕方バルーンを入れる。

それから夜までどう過ごしたのかあまり覚えていない。
21時過ぎに陣痛らしいモノが来て,22時くらいから本格的に陣痛が来た。母にメールで連絡して両親が来てくれた。背中をみんながさすってくれて,夜中にLDRに移動したと思う。
陣痛は予想より痛くて痛くて
「痛いよー痛いよー」
と私は叫んでいた。でもある看護師さんに怒られ,そこからは呼吸法を教えてもらい,痛いというのを我慢したと思う。
朝の7時くらいまでそんなことが続いたと思う。
両親とダンナは代わる代わる背中をさすってくれていたと思う。
もうそこからはあんまり記憶がなくて。
私は助産師さんに何度も
「お腹を切ってください。」
「もう頑張れない。」
と言ったと思う。

だめだ,今日はここまで。

結斗,今日は朝雪が積もっていたね。
今頃結斗といっしょに「寒いね~」って言いながら見るはずだったのに。
なんてね。きっと結斗もお空から見てるね。
私のお腹に早く戻っておいで。結斗が戻ってきたいときいつでもいいけど,お母さんは寂しがり屋だからできるだけ早くがいいな。
その時を夢見てお母さんは今日も生きています。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2006年12月10日 (日)

入院②

22日の朝6時半すぎ。
看護師さんと一緒に診察室へ行く。点滴と一緒に歩くのもなれてきたけど,不安。なんでチビちゃんの心音聞こえないんだろう。
当直の先生がエコーで確認。いつもより長い。私も画面を見ていたが,いつも「ドキドキ」と動いているチビちゃんの心臓の部屋が何もない。動いていない。自分で見てもわかったけど何も聞かずにはいられない。
「先生,赤ちゃん生きてますよね?」
「…。」

「何か原因がわからないけど,赤ちゃんが亡くなってしまったんだね…。」

そこからは記憶が曖昧で,よく覚えてないけど,先生が「僕一人の診察じゃ判断できないから…」と言って,もう一人の先生が来るまでがすごく長く感じたことは覚えている。あと,「ご家族に連絡するから…」と言われたので,「赤ちゃんは生きてますと言ってください。」「主人は遠くにいるから心配するようなことは言わないで」と看護師さんに言った気がする。

昨日の夜まで元気に動いていた。
妊婦検診では一度も異常なんてなくて,体重をちょっと注意されただけで。
具合が悪い時なんて,食べづわりのときだけだし,そんときだって今考えれば,あんまり具合悪くなかったし。
なんでなんでなんでチビちゃんが。大きいお腹に何度も言って。
いろいろ原因を考えた。あの時のあれがいけなかったのか。

両親と会ったのが7時半くらい。私に会う前に先生から説明があったらしい。
母も父も泣いていて,私はチビちゃんも私も何も悪いことをしていないのに…と泣いた。
この辺も記憶が曖昧。でもあのときの両親の顔は一生忘れないと思う。
里帰りして,一生懸命私のお世話をしてくれていたのに。ごめんなさい。ごめんなさい。

だめだ…。ちょっと限界。今日はここまでにしよう。

結斗は私の心に生きている。結斗が大好きだから何か残したい。
少しずつ書くからね。
書くことで,事実を受け入れて強くなれる気がするんだよ。だから応援してね。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

今日は入籍記念日

今日は入籍記念日でした。
平成9年12月10日に私たちはつきあい始めました。
そして平成14年の今日入籍しました。
結婚2周年,3年目に突入です。これからもよろしくね。

妊娠がわかって予定日が12月7日と教えてもらった日から
「3日遅れて12月10日に産まれてきたりして…」
「初産だし遅れるかも。10日に産まれたら運命だね」
と二人で話していたことを思い出します。

でも本当は早く会いたくて会いたくて仕方なかった。

里帰りしてからは「チビちゃんが出てきたくなったらいつでもいいよ。」と声を掛けたり心の中で唱えていました。でも,内心「早く会いたい!」って気持ちが強かったかも。

結婚した当初は,周りの人に子供の話をされても「私のところはまだ…いいの。」と答えていたけど,本当は私はすぐにでも子供が欲しかった。
だから去年の夏に,ダンナに内緒で産婦人科に行き,子供が欲しいと相談した。
でも仕事が忙しくなって基礎体温を測り始めたのは今年の2月。
そして今年の3月30日に妊娠がわかった。
あれからチビちゃんと10ヶ月。頑張ったのに。

友達からは「体を大切に。少しずつ元気になってね」とメールが来る。
メールはありがたい。
でも,私の体なんかどうでもいい。こんなに頑張ったのにまだ頑張らなくちゃいけないの?

ヤバッ。また気持ちが下向きに。いけないいけない。結斗に笑われちゃうね。

というわけでダンナは夕方,仙台へ戻りました。
高い新幹線代をかけて来てくれてありがとう。なのに私は動けなくて…。ごめんね。
やっぱり早く体を元気にしなきゃね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月 8日 (金)

入院①

21日の夜22時頃,お風呂からあがってダンナと電話していたら破水。
その後,病院の周産期センターに電話して,入院の用意をして来るように言われ,両親と一緒に病院へ向かう。
入院の準備は整っていたのですぐに出発できた。
診察の結果,破水しているのでこのまま入院。でもすぐに産まれないので両親は帰宅。両親からダンナにも連絡してもらう。
4人部屋に入ると誰もいない。
でも,夜中に急患が入り,次の日の朝には4人部屋が満員になっていた。
その日は初めての入院と,もうすぐチビちゃんに会えるんだという気持ちで興奮して眠れなかった。隣の人は,帝王切開で出産したらしく,夜中に痛い痛いとつぶやいていた。でも旦那さんと幸せそうにヒソヒソ声で会話していた。たぶん夜中の12時くらい。私ももうすぐだ!と思った。

22日,のんびりと入院生活を過ごす。4人部屋で向かいの人も同じく破水しての入院。3人目とのこと。
母が午前と午後来てくれて,おやつやらりんごを食べた。売店にも行って雑誌を買ってくれた。もうすぐ産むんだから体力つけなきゃ!!と思った。母の心遣いがうれしかった。
点滴の針を入れるのが痛かった。トイレに行くのも大変だ。
今のうちにシャンプーだけしておこうと思い,看護師さんにOKをもらってシャンプーをする。
午前と午後15時頃NSTで赤ちゃんの心音とる。私のお腹の張りも見る。陣痛はまだこない。
17時すぎに「ご飯のあとに先生の診察があるよ」と看護師さんに言われたので,ダンナと母に電話,メールするが,その後「診察は明日の朝に変更になったから」と言われたので,ダンナに今日は陣痛が来るのを待つだけだから来なくていいよとメールする。
20時頃看護師さんがドップラーで心音を確認する。なんだか忙しそう。
夜,22時頃胎動を感じた。このときがチビちゃんと最後の会話だった。いつもと同じに「チビちゃんが出てきたくなったら出てきてね,お母さんはいつでもいいよ」と声を掛けて寝た。前の日にあまり眠れなかったので,寝なきゃと思って寝た。

23日,朝6時すぎ。病院は一応6時起床となっている。
なんか寒いと感じた。チビちゃんが動かないなあとも感じたが,もうすぐ産まれるからだろうと思った。
看護師さんがドップラーで心音を確認しにきたが確認できず。「赤ちゃんの位置が良くないのかなぁ」と看護師さん。二人目の看護師さんも確認できず。

また涙が出てしまった。
あのとき,私が気づいていたら,結斗は今,生きていたんだろうか。
私がぐっすり寝てしまったから。22日にお腹を切って産んでいれば,結斗は今,生きていたんだろうか。
私は母親になる資格がなかったのだろうか。
結斗は羊水が気持ちよくてそこを選んだの?
結斗は天使になった。それは頭でもわかっている。でも…。

今日はもしかしたらお父さんがお母さんの所に来てくれるかもしれないんだ。結斗のお父さんは世界で一番優しいよ。
毎日,前進しなきゃと思っているけど,まだまだ気持ちの波が激しい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年12月 7日 (木)

40週0日。今日が予定日です。

40週0日。12月7日,今日がチビちゃんの予定日でした。
今日の日が来ることを3月30日の妊娠がわかった日からずっと待ちわびていました。チビちゃんに,結斗に会える日を。

今日,勇気を出してこのブログを再開します。

11月24日金曜日,12時48分,2780グラム,49センチの男の子を出産しました。
名前は「結斗」です。
でも,結斗の心臓は止まっていました。
出産前日より,心音が確認できず,子宮内胎児死亡とのことでした。
11月21日の22時頃破水し,入院。21日の昼間の健診でも,入院時の診察でも,何も異常はなく,それまでの妊婦健診でも母子共に順調と言われ続けてきたのに,38週と1日で死産。信じられない思いでした。

23日の朝6時半頃に,看護師さんがドップラーで心音を確認しに来たところ確認できない。もう一人の看護師さんも確認できず,診察室で先生にエコーで確認してもらったところ,いつも動いていた心臓の部分が動いていない。何かの間違いだと思いました。
両親とダンナに連絡がいき,7時半頃両親が,ダンナが新幹線で10時頃,その1本後の新幹線で義両親が病院に来てくれました。その都度,先生に説明を受け,何度聞いても「赤ちゃんは亡くなっている」という事実は覆せませんでした。私の心臓と赤ちゃんの心臓を取り替えて欲しい,とお願いしましたが,無理なようです。

「でもお産はしなければならない。」と先生はおっしゃいました。
私はお腹を切るのだとばかり思っていましたが,普通分娩でお産するとのこと。
子宮口を広げる処置は想像していたものより痛く,夕方にはバルーンを入れました。
夜22時くらいから陣痛が来て,その後はずっと陣痛との戦い。でもチビちゃんに会いたい。チビちゃんの顔がみたい。その気持ちとダンナ,両親,義両親の支えがあって無事出産を終えました。

結斗が産まれて,みんな泣いていました。
私はやっと会えてうれしかった。とにかくかわいくてかわいくて顔が見れてよかったって気持ちでいっぱいでした。目はダンナに,鼻と口は私に似ていました。
でも,やはり心臓は動いていませんでした。

産まれた日は3人で病室で寝ました。興奮して私は寝れませんでした。結斗がかわいくてかわいくてずっと見ていたいと思いました。初めて自分の命より大切なものを得た気がしました。

もう涙が出て書けない。

28日に退院し,29日に結斗とお別れしました。

予定日より2週間早く産まれた結斗は天使になりました。体は順調に回復しています。心はまだまだ時間がかかりそうです。でも結斗の分も生きていくことを決めたから,少しずつ進みます。結斗,見ててね。

少しずつ,ブログに書いていきます。結斗のこと。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »